噛むだけシェイプアップ

がんらい、「ぽっちゃりシルエット」だったのですが、結婚してスペシャリストマミーになってからウェイトは割増のする片方でした。

自分でも太ったことに自覚はあったのですが、旦那から「親父の女性みたいだね」と指摘されてしまいました。

「このままだと一緒に歩くのも嫌になる」という白々しいワンポイントも言われたので、一念発起してシェイプアップに取り組むことにしました。

私が取り組んだシェイプアップ手立ては「噛むだけシェイプアップ」です。
名称だけ聞くと、「?」という感じですが、こういうシェイプアップは食事をするときに、最低でも30回以外噛んでから飲み込むというものなのです。

簡単そうですが、真にやってみると30回というのはずいぶん長い事情なんです。
たまたま、少なく飲み込んでしまいがちな自分に気が付きました。
数字を数えながら噛んでいるのですが、最初のうちは頑張っても10回ぐらいがてんこ盛りでした。
また、こういうシェイプアップを始めて、いつもは、著しく「早食い」していることに気が付いたのです。

「噛むだけシェイプアップ」は、噛む結果食事するひとときが長くなり、満腹センターが手早く来る結果少しの量で食生活を満足できるようになり、胃が小さくなる結果痩せることができるのですが、そのほかにも良いことがたくさんあるのです。

例えば、とことん噛む結果胃への担当が少なくなったり、唾液が増える結果免疫が向上したりすることです。
噛む回数が多いとムシャクシャも緩和されるということもわかりました。
結果的には、一か月で3間隔もの減量に成功することができました。
食生活嵩も以前の半ばぐらいの嵩になっています。

また、以前は、食べ過ぎで鋭く腹欠陥になることがあったのですが、こういう、シェイプアップを始めたからそれもなくなり健康的にもなれました。
つむじはげ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です